杉山台工房 山岳部 / 沢渡の紹介4

沢渡の紹介4

 

なんでこんなにしつこく吉田の地名を考えているのか?その理由をそろそろ証さないと沢渡の紹介に繋がらないのでまとめます。先に沢渡の大字である吉田の地名を解き明かす必要があるのですみません。

 

吉田が人名由来でも地形由来でもないとしたら、何が由来なのか。もうひとつの地名由来である人為説に目を向けます。

 

人為説とは人間の営みや歴史的背景を象徴した地名のケースです。例えばどこにでもある鍛冶町は鍛冶屋さんがいたから。鎌倉の雪ノ下は頼朝に提供する食事を冷やす雪でつくった氷室があったから。御成町は御用邸に皇族がおなーりーになったハイカラな地名です。つまり雪ノ下は鎌倉時代からの地名で、御成町は明治以降の地名とわかります。これによりその土地の役割やそこに暮らす人々の歴史文化風俗に至るまでが浮き彫りになります。地名はおもしろいです。では当地吉田を見てみます。

 

すみません。

 

実はここまでの文章は何ひとつ文献を頼りにせず、調査すらせず、裏付けも得ず、すべて僕が今まで見聞きした記憶を繋ぎ合わせて入力していました。ここから先も小さな観察をつなぎ合わせた内容です。重ねてすみません。

 

気づいたことがあります。沢渡の隣の地区、八志田(やしだ)を車で通り過ぎたときの思いつきです。この文章はその時、瞬時に繋がったことを長々入力しているのでした。

 

八志田に大きな石碑があります。湯殿山と掘られています。要するにこの道が先に説明した出羽三山詣のルートだった証です。これは珍しいものではなく宮城のあちこちにあるので、ふーむ旧街道だったのか程度の認識で終わりました。

 

気になったのは八志田の地名です。普通、漢字1字に読み1字であれば万葉かなを疑います。例えば安達太良(あだたら)です。そうであればとても古い地名で人間の歴史が濃い場所だとわかります。

 

では八志田はどうでしょう。これは漢字を手がかりにします。日本人の言語ルーツは漢民族言語ですので読みより文字が先です。「八」は古来縁起の良い好まれる漢字です。これは置いておきます。次の「志」はどうでしょう。これも古い漢字で都のお隣の滋賀県は古くから志賀と書かれていました。志には石の意味があります。石の多い土地によく使われる漢字です。

 

「田」は字のごとくですので、ではこの地は石の多い田んぼだったのでしょうかと言うと、今までの説明通り、どうも一致しません。ここは奥羽山脈が誕生するずっと以前の古い砂礫層地質です。

 

僕は八志田の湯殿山の石碑の前にいます。このときまわりの風景を見ながら目に入る人工物を一切排除して、落葉広葉樹林が鬱蒼と広がる古代の風景を想像した時に、ハッとつながったのです。

 

人為的地名説です。『八人の志を持った入植者』あるいは『八人の武士による統治』もしくは『末代まで末永く広がる志の田んぼ』はどうだろうと。

 

八志田を基準にすると見えて来ました。沢渡は「八志田の上流の川を渡ったところ」七ツ森はここからだと「キレイに7つの峰」に見えます。別の場所からでは重なりあって七峰には見えません。地名には必ず基準地があります。

 

船形山は宮城県側から見ると船の形に見えます。山形県側からはそう見えません。よって山形県側では御所山と呼ばれています。北川は南から見るから北の川であって基準がなければありえない地名・人名です。ちなみに我が家は都から見て北の近江商人の北川一族ではなく、駿府今川氏から見て北の郷が発祥です。それはさておき。

 

この地より下流はすべて砂礫層で開墾しやすく、ここより上流は奥羽山脈の溶岩地帯で侵食されず河岸段丘が形成されなかったため狭く、大和朝廷由来の日本人の営みが難しい土地です。八志田は人間の歴史のキワと言える場所です。

 

仮にこの八志田が基準地だとすれば、下流域の人々はこの地を当然「やしだ」と発音します。ポイントは東北人にとって「し」や「ひ」は発音が難しいこと。いまでも生粋の東北人は塩釜を「すおがま」朝日新聞を「あさすすんぶん」と発音します。

 

吉田の地名はこの八志田が「やすだ」「よすだ」そして『よしだ』へと転訛整字されたのではないでしょうか。

 

ええ!まだ続くの!?